熊野新聞記事アーカイブ
熊野新聞社 The Kumano Shimbun
〒647-0045 和歌山県新宮市井の沢3-6
営業部 TEL 0735-22-8080 FAX 0735-23-2246
記者室 TEL 0735-22-8325 FAX 0735-28-1125

新宮の速玉祭(2019年10月撮影)
祭事保存会が文科大臣表彰
新宮市の熊野速玉大社

【この記事のキーワード】
熊野速玉大社
祭事
祭礼
 令和3年度地域文化功労者表彰(文部科学大臣表彰)が25日に発表され、本紙エリアからは熊野速玉大社祭事保存会(会長・上野顯宮司)が「民俗芸能の伝承」分野で選出された。和歌山県内では同保存会と和歌山市のピアニスト・宮下直子さんのみ。

 同表彰は、全国各地において芸術文化の振興、文化財の保護に尽力するなど、地域文化の振興に功績のあった個人・団体に対し、その功績をたたえ文部科学大臣が表彰するもの。

 同保存会は、同大社を中核として周辺地域の氏子や関係団体と協力して長年にわたり祭礼の執行や運営を行い、伝統文化の継承と地域の活性化に努めており、また熊野の世界遺産を生かした観光や魅力発信など、地域振興にも重要な役割を果たしているとして受賞対象となった。

 同保存会は祭事の伝承や地域の文化交流推進などを目的に1964年に組織。同大社を中心とする「新宮の速玉祭(はやたまさい)・御燈祭(おとうまつ)り」は、2016年に国の重要無形民俗文化財に指定されている。

 受賞の決定を受け、上野宮司は「大変うれしく、責任も感じる。祭りを支えていくのが会の大きな目的。祭りの様子が海外に発信されるなど、一地域のものだった祭りや日本の文化が世界に共有されるのは喜ばしいこと」と話す。

 コロナ禍の影響で今年の御燈祭り、そして速玉祭は2年連続の縮小に。そういった状況において「神に対する畏れや感謝、祭りを紡いできた先人たちに思いをはせ、祭事を執り行ってきた」とし「関係者、氏子、奉仕者、全国の崇敬者に支えられて『ハレの舞台』がつくられている。自然との共生といわれるが、自然がないと祭りができない。神がそれを教えてくれていると感じる。自然の中で祭りができる喜びを感じている」。

 社会の変化や、新型コロナウイルスの影響を受け、祭りを見学する人が減少している昨今の状況について言及し「どの祭りも尊い。その中で代表として表彰を頂いただけ。多くの人に地域の祭りの価値に気付いてほしい」と話した。

 表彰式は11月1日(月)、京都市の府立府民ホールで開催される。

(2021年10月28日付紙面より)


別窓で見る
記事一覧

バリアフリー化となり供用が開始された階段やスロープ=20日、那智勝浦町役場
行政 スロープ設置や停留所移動
バリアフリー化で供用開始
那智勝浦町
 那智勝浦町は7月末から役場庁舎玄関前で実施していた駐車場やスロープ設置などの整備工事をこのほど終了し、18日から供用を開始している。

 同町によると、これまでの旧スロープは急な傾斜だったことから、車椅子で庁舎に入るには補助が必要だったという。今回は現在の基準に合わせた傾斜が緩やかなスロープが付き、階段の高さも以前より低くなった。

 駐車場は、車椅子の使用や歩行困難な来庁者が庁舎近くに駐車できる屋根付きの「おもいやり駐車場」と2台分の来庁者用駐車場も整備。その横に公用車用駐車場をつくることで、庁舎向かいの来庁者駐車場の駐車台数が数台分増となった。

 さらに入り口付近には屋根付きの駐輪場も完備されたほか、町営バスの停留所が庁舎前に移動。玄関前と庁舎内にベンチも設置された。担当者は「雨風などを防ぐことができることから、町民の皆さまからは喜びの声も頂いています」と説明した。

 塩﨑圭祐総務課長は「工事中、ご迷惑をお掛けしまして誠に申し訳ございませんでした。今回の工事で、妊婦の方々などにも使用していただけるおもいやり駐車場も設けました。利用証は和歌山県に申請していただく必要があります」。

 駐輪場やバスの停留所については「町民の皆さまが庁舎や町営バスを利用しやすいように、駐輪場の設置や停留所の移動も行いました。快適なご利用につながれば幸いです」と話している。

(2021年10月28日付紙面より)

もっと見る
折たたむ
別窓で見る

落花生を収穫した=23日、那智勝浦町高津気
地域 家族で落花生収穫体験
くまの里山の恒例行事
那智勝浦町
 和歌山県の「耕作放棄地再生活動協働モデル事業」を活用し、休耕地の再生に取り組む那智勝浦町高津気の「くまの里山」(西美恵子代表)は23日、高津気地区の畑で落花生の収穫体験を楽しんだ。集まった会員や家族連れ約50人は収穫を喜び、作業に汗を流した。

 「くまの里山」は2007年に組織された「高津気竹灯りの会」が母体。数年前に現在の「くまの里山」に改称した。農業を身近なものとし、里山に残る食文化や先人の教えを次世代につなぐとともに、耕作放棄地の再生と里山の保存のために活動している。

 同収穫体験は今年で3年目。落花生は今年6月上旬に作付けを行ったもの。参加した家族連れは笑顔で土を掘り、「うわー、採れた」「いっぱい採れたよ」「良かったね」と収穫を楽しんだ。その後、参加者は会員らが用意したゆでたサツマイモを味わった。

 くまの里山によると、今回の落花生はカラスなどの鳥獣被害を受け、収穫量が減少してしまったという。次回の収穫のためにも今後の打開策を検討するとした。

 西代表は「私たちくまの里山は、子どもたちが自然に触れ合うことができることと、美しい里山を次世代に残すことが目的。喜んでいただけているのはうれしい。落花生の味を好んでくれている人もいるので今回は申し訳ない限り。次回は対策も施し、頑張りたい」と話した。

(2021年10月28日付紙面より)

もっと見る
折たたむ
別窓で見る

今年採れたユズの実を集荷する組合員ら=27日、古座川町平井
地域 色づき遅いが実は大きめ
今年のユズの搾汁始める
古座川ゆず平井の里
【この記事のキーワード】
農業協同組合
農事組合
 古座川町の農事組合法人古座川ゆず平井の里(宇田篤弘代表理事)が27日、今年採れたユズの搾汁を始めた。

 同法人は、昭和30年代から町内で数を増したユズ生産農家の共同体として2004年に発足。現在は94人が組合員となり、生産したユズの実を同法人の出荷場へ集荷している。

 今年は55戸が順次集荷する予定。色づきが若干遅れ気味だが実は大きめで、宇田代表理事(63)は平年並みの作柄と評価し80㌧弱の集荷総量を見込んでいる。

 搾汁作業初日のこの日の集荷量は約1・5㌧。同法人は近年、基準を設けて青みが残る果実も受け入れていて、この日はその実を主に搾汁した。今後は色づきが良く傷が少ないなど秀品は生果として紀ノ川農業協同組合へ出荷し、冬至向けの需要に資する。残りが搾汁対象で、11月30日(火)を集荷の最終として作業を進める。搾汁後の皮もきれいなものは加工品の材料とし、残りは堆肥化するなど極力無駄を出さない状況を目指すという。

 搾汁で得た果汁は飲料や調味料など、同法人産加工品30品目の原材料として利用する。同町産の果汁は香りの良さで定評があり、一部は希望する大口へも出荷する。

 宇田代表理事は、組合員の生産努力もあるが自然に恵まれた中で栽培できるのも町産ユズの強みだと自負。消費者に商品を利用していただくことで組合員も元気になりみんなで喜べる状態ができていると発足から約17年を経た今を振り返り、今後について依然としてコロナ禍に伴う運営の厳しさがあるが負けず考えて取り組んでいきたいと意気込んでいる。

 加工品の情報など問い合わせは同法人(電話0735・77・0123)まで。

(2021年10月28日付紙面より)

もっと見る
折たたむ
別窓で見る
主な記事 *記事詳細は熊野新聞紙面をご覧下さい*
  • 学校 愛情の大切さなど知る 町内小学校で命の授業 (串本町)
  • 【この記事のキーワード】
    橋杭小
    潮岬小
  • 文化 1位に小阪享志さん 写連新宮支部10月例会
  • 科学 実験できれいな「虹」つくる 第2回わくわく科学教室 (紀宝町)
  • スポーツ 全員で戦い花園へ! ラグビー部が全体練習再開で意欲 (木本高校)
  • 【この記事のキーワード】
    朝明高
    木本高
  • 地域 南京玉すだれや皿回し楽しむ カフェいっぷく亭に15人 (紀宝町)
  • 【この記事のキーワード】
    熊野速玉大社
  • 地域 モリンガの収穫最盛期に ブライトライフ合同会社 (御浜町)
  • 地域 和気あいあいとサシェ作り 子育てサロンで楽しむ (紀宝町)
  • 地域 人見建設が串本中へ寄贈 紀陽CSR私募債還元で (串本町)
  • 【この記事のキーワード】
    串本中
  • 地域 分団単位で計画して臨む 本年度の消防団実働訓練 (古座川町)
  • 【この記事のキーワード】
    消防本部
  • 地域 薄暮風雨下で技術発揮 潜水隊が夜間潜水訓練 (串本町消防本部)
  • 【この記事のキーワード】
    消防本部
    要救助者
  • 地域 父から娘に伝わった味 「たこ焼 紀伊」オープン (那智勝浦町)
  • 地域 秋の花々に触れ笑顔に 福祉センターで生花教室 (新宮市)
  • 【この記事のキーワード】
    連合会
  • 地域 思い思いに楽しく作製 中央児で「ハロウィーンクッキーづくり」 (新宮市)
  • 地域 リュウキュウマメガキ 浮島の森遊歩道沿いで実る (新宮市)
  • 【この記事のキーワード】
    十津川
  • 地域 ぴったりの一足を編もう 福祉センターで草鞋作り講座 (新宮市)
くまスポ
  • 新宮高女子が関西大会へ 全日本高校女子サッカー和歌山大会
  • 【この記事のキーワード】
    新宮高
    台風
  • 山口酒店が優勝第171回職場対抗ボウリング大会
  • 野球の魅力を感じて 勝浦ヤンキースが体験会 (那智勝浦町)
  • 須川新仁さんが優勝 令和3年度クラブ選手権競技 (日本ダイヤモンドゴルフ倶楽部)
ご購読・試読のお申し込み