熊野新聞記事アーカイブ
熊野新聞社 The Kumano Shimbun
〒647-0045 和歌山県新宮市井の沢3-6
営業部 TEL 0735-22-8080 FAX 0735-23-2246
記者室 TEL 0735-22-8325 FAX 0735-28-1125


号外
14人の新議員決まる
熊野市議選

4月22日21時55分確定【定数14】
当落得票数候補者名年齢党派現元新
1,065山本 洋信65
968下田 克彦55
882久保  智64
812樋口 雄史56
804大橋 秀行67
709伊東 裕将37
685前地  林69
680畑中 新子43
674川口  朋43
654山田  実44
633岩本 育久69
610濱  重明54
520森岡 忠雄60
471松田  唯43
424中田 征治75
368道後 宣弘59
310端無 徹也45
32川口 勝信75

※案分票は小数点以下切り捨て。

当日有権者数 14,835人
投票者数 11,362人
無効投票数 60票
投票率 76.59%


別窓で見る
トップ

締めくくりの餅まきでにぎわう=18日、那智勝浦町
祭礼 豊漁や商売繁盛願う
大勝浦で「弁天祭」
 那智勝浦町の大勝浦地区にある弁天島で18日、「弁天祭」が営まれた。勝浦八幡神社の髙橋正樹宮司が神事を執り行い、豊漁や商売繁盛を祈願した。餅まきも行われ、約70人の住民でにぎわった。祭りは弁天島保存会(猪飼延代表)が守り続けている。

 弁天祭は一年で最も潮が引くという旧暦の3月3日に合わせて実施されている。弁天島は三つの奇岩から成り、一番大きい中央の「立島」に鳥居があり、祠(ほこら)が作られている。弁財天が祭られた島からは、那智の滝を眺めることができる。かつては大きな社(やしろ)が建ち、縁日が催されるなど盛大に祭りが営まれていたという。戦後は地域の人たちが保存会を結成して祭りを営んできた。

 弁天島保存会は、地元有志で結成された団体。年1回島の周辺を清掃しているほか、勝浦八幡神社大祭でも活動している。

(2018年4月22日付紙面より)

もっと見る
折たたむ
別窓で見る
記事一覧


文化 『仏心のひとしずく』
横田南嶺老師が本出版
【この記事のキーワード】
紀伊半島大水害
大水害
水害
 新宮市出身の臨済宗円覚寺派管長、横田南嶺老師がこのほど法話をまとめた『仏心のひとしずく』を春秋社から出版した=写真。195㌻。税込み1728円。

 命のいとおしさと強さを切々と語る仏教エッセー。▽腰骨を立てる▽「戒」ということ▽みんな観音さま▽言葉では語り得ぬもの―など12章で構成。長月の章「悲しみをこえて」では、紀伊半島水害の被災者との交流などについて語っている。

 横田老師は「私の拙い話などは大海の一滴にも満たないものですが、このひとしずくが、皆さまの渇きをほんの少しでも癒やすことに望外の幸せです」と話している。

(2018年4月22日付紙面より)

もっと見る
折たたむ
別窓で見る

工場内で花火玉の天日干し作業=19日、熊野市有馬町の和田煙火店
地域 花火玉製造、繁忙期
夏に向け和田煙火店
熊野市
【この記事のキーワード】
大花火大会
花火大会
 夏の花火シーズンを前に和田煙火店(和田憲明社長)=熊野市有馬町=では、花火玉製造の繁忙期を迎えている。

 同社は大正13年創業。花火製造と打ち上げで90年以上の歴史を持つ。花火作りはほとんどが手作業で、有馬町の水田に囲まれた工場内では19日も、半球形の容器「玉皮」に「星」と呼ばれる小さな火薬を並べて一つに重ね合わす作業や、出来上がった2・5号玉(直径7・5㌢)から10号玉(同30㌢)まで8種類の花火玉を天日干しする作業に追われていた。

 作業は昨年の10月上旬にスタートし、梅雨入りまでに1万発が目標で、作業は昨年同様、天候に恵まれて順調という。打ち上げは南伊勢町から串本町まで、三重と和歌山両県で約30カ所を見込んでいる。同社は毎年、熊野花火大会を締めくくる「鬼ヶ城大仕掛け」も担当しており、和田社長(52)は「今年は新作も発表します。楽しみにしてほしい」と話していた。

(2018年4月22日付紙面より)

もっと見る
折たたむ
別窓で見る

サロンの様子(新宮市社会福祉協議会提供)
地域 室内ゲームで盛り上がる
西敷屋初のサロンに22人
新宮市熊野川町
【この記事のキーワード】
紀伊半島大水害
中央会
大水害
水害
 新宮市熊野川町の西敷屋中央会館で8日、初の「ふれあいいきいきサロン」が開かれた。22人が参加し、昼食や室内ゲームを楽しんだ。

 サロンは地区と市社会福祉協議会が協力して実施している。地域のコミュニティーづくりや介護予防、寝たきりの防止、一人暮らしの人への見守りなどを目的に、平成17年ごろから始まった。社協職員が区長会で紹介・提案し、希望する地区に協力する形で活動している。

 紀伊半島水害以降、人口減少などに伴い地域のつながりを深めるためにより力を入れている。現在町内34地区中17地区12カ所で毎月1回程度開き、楽しい交流の場となっている。

 西敷屋地区は今年2月にお試しでサロンを開き、年間計画作りに取り組んだ。本年度から毎月1回程度さまざまな活動を行う予定。

 この日は世話係を務め、サロンの準備をしてきた内野井よしこさんと松田さき子さんを紹介し、森岩雄区長のあいさつで開会。食事を味わった後はボウリングやスカットボール、輪投げを楽しんだ。会場には笑い声があふれ、和気あいあいと盛り上がった。

 参加者らは「こんなに楽しく遊ばせてもらって楽しいわ」「この地区は皆仲良しで、だからとっても楽しくできるの」と話していた。

(2018年4月22日付紙面より)



もっと見る
折たたむ
別窓で見る
話題のポケット
【3151】横断歩道
 日本の横断歩道は危険。安心して渡れない―。新聞の投書で話題になり、NHKのニュースでも取り上げられました。英国では横断歩道の手前で自動車は必ず停車するのに、日本では止まってくれない。外国人がはねられる危険性があるという指摘です。ハンドルを握る立場から見ると、車が通り過ぎるまで歩行者は待っていてくれるものと考えてしまいます。自分が歩いている立場になると「なぜ停車してくれない。危ないなあ」と通過する車をにらみつけてしまいます。那智勝浦町では小学校で交通安全教室が始まっています。横断歩道の注意事項を聞き、このニュースを思い出しました。大人こそ教室の受講が必要と感じました。歩行者がいる時は必ず停車しなければなりません。(須川達也)

(2018年4月22日付紙面より)



もっと見る
折たたむ
別窓で見る
主な記事 *記事詳細は熊野新聞紙面をご覧下さい*
  • 学校 ルールしっかり守ろう 市野々小で交通安全教室
  • 【この記事のキーワード】
    市野々小
    勝浦小
  • 文化 「熊野誌」第64号発行 峯尾節堂論文など9編
  • 地域 ミズヒキの葉 神倉神社の石段横
  • 【この記事のキーワード】
    神倉神社
  • 地域 山﨑元文和尚が新住職に新宮市、松巖院で約30年ぶりの晋山式
  • 地域 高齢者施策を学ぶ新宮市健人大学開講式4月講座
くまスポ 【4月19日付紙面より】
  • 蓬莱フレンズが優勝県スポ少野球東牟婁予選
  • 近大新宮が初戦突破 春季近畿地区高校野球大会県予選
  • 2部リーグも開幕 高円宮杯U―18サッカーリーグ和歌山
ご購読・試読のお申し込み