熊野新聞記事アーカイブ
熊野新聞社 The Kumano Shimbun
〒647-0045 和歌山県新宮市井の沢3-6
営業部 TEL 0735-22-8080 FAX 0735-23-2246
記者室 TEL 0735-22-8325 FAX 0735-28-1125

角口賀敏理事長(右)と須川陽介古座川清流周回コース実行委員長が開催をPR=15日、新宮市浮島の株式会社キナン本社
第24回TOUR de KUMANO
国内外17チームの熱戦に期待
5月10日、開幕
 熊野地方を舞台に5月10日(金)~12日(日)の3日間、国際自転車競技連合(UCI)公認の国際自転車ロードレース「第24回TOUR deKUMANO(ツール・ド・熊野)」が開かれる。NPO法人「SPORTS PRODUCE熊野」(角口賀敏理事長)が運営する。

 今年は新宮市を拠点とする「キナンレーシングチーム」をはじめ海外6、国内11の計17チームが出場、3日間の総合タイムで競う。

 10日の第1ステージは「古座川清流周回コース」。平井峠、一枚岩などのコースを3周する全長126・7㌔。

 例年、最大の舞台となる11日(土)の第2ステージ「熊野山岳コース」。起伏に富んだ三重県熊野市の山間部107・7㌔を走り抜ける。

 最終日の12日は第3ステージ「太地半島周回コース」。今年は新たなルートを走り、周回ながら変化に富み、決して侮れない104・3㌔が選手を待ち受ける。

 1999年の南紀熊野体験博、東紀州体験フェスタの関連イベント「3DAY CYCLEROAD
 熊野」として誕生した。
 
 名称を「ツール・ド・熊野」に変更し、2008年にはUCIアジアツアー2・2のカテゴリーに指定され「ツアー・オブ・ジャパン」「ツール・ド・北海道」と並び、UCI公認の国内3大レースの一つとしてファンから注目されている。

 昨年は新宮市熊野川町での「赤木川清流コース」に代わり、UCIレース「古座川インターナショナルロードレース」を企画。ツール・ド・熊野と二つの国際大会開催を予定していたが、荒天のため古座川でのレースは中止となった。

 角口理事長は大会運営に協力する関係者やボランティアなど、多くの人たちに感謝し「当地方の皆さんには交通規制などでお世話とご迷惑をおかけしますが、少しでも活性化につなげられれば。数少ない国際レース。楽しみにしてもらいたい思いと同時に、キナンレーシングチームとして悲願の総合優勝を勝ち取ってもらいたいと期待しています」と話している。

 恒例のフォトコンテストや地元ケーブルテレビ局による生中継、ユーチューブの「サイクリングチャンネル」での配信を予定。スポーツテレビ局「J SPORTS」内のサイクルロードレース中継では、優勝予想サービス「サイクル誰クル」も企画している。

(2024年4月17日付紙面より)

別窓で見る
記事一覧

多くのファンが訪れる=14日、那智勝浦町の大門坂駐車場
地域 「セレビィ」が現れる
大門坂駐車場にポケふた
那智勝浦町
 幻のポケモン「セレビィ」が描かれたポケモンマンホール(通称・ポケふた)が14日、那智勝浦町の大門坂駐車場でお披露目された。大人から子どもまで多くのファンが集まり、写真撮影をした。

 地域それぞれの「推しポケモン」が、各地の魅力を国内外に発信する「ポケモンローカルActs」の一環で、全国に設置されている。

 セレビィの分類は「ときわたりポケモン」。時間を超えてあちこちをさまよい、平和な時代にだけ姿を見せ、セレビィが現れた森は草木が生い茂るといわれる。熊野市の鬼ヶ城のポケふたにシルエットだけの隠し要素として登場していたが、本物が現れるのは今回が初だ。

 堀順一郎町長は「目の前には世界遺産の一部である那智の原生林、近くには古くから巡礼者たちが歩いてきた大門坂と、この場所にセレビィが現れるのは必然かもしれない。10年、20年先も平和に安心して暮らせる町づくりを」と語る。

 ポケモンが大好きな青木尚之さん(13)、智之君(6)兄弟は「セレビィはめったに見られない特別なポケモン。那智勝浦町に来てくれてうれしい」と笑顔。近隣のポケふたは、熊野市の鬼ヶ城、紀宝町の道の駅「紀宝町ウミガメ公園」にある他、串本町でも近日中に公開予定となっている。

(2024年4月17日付紙面より)

もっと見る
折たたむ
別窓で見る

外国人と一体となった「わっしょい」のかけ声が響いた=15日、田辺市本宮町
祭礼 国境超え「わっしょい」
神輿で初の外国人参加
熊野本宮大社 渡御祭
 熊野本宮大社(九鬼家隆宮司)の大祭本宮祭」が15日、渡御祭で締めくくられた。「紀伊山地の霊場と参詣道」の世界遺産登録20周年ということもあり、今年は初めて、約25人の外国人が神輿担ぎに参加。国境を超えて一体となった「わっしょい」のかけ声が響いた。

 渡御祭は、神輿に遷された祭神の御霊が、旧社地の大斎原まで渡御する祭典。渡御は神木の榊を手にした神職を先頭に、天狗や修験者、御霊が乗る本神輿、女性の桜神輿、子ども神輿、稚児など約400人が行列を作り営まれた。

 神輿担ぎの外国人は、東京大学への留学生やツアー参加者など。アメリカ、オーストラリア、ロシア、ウクライナ、スペイン、韓国、台湾など国籍もさまざまだった。

 大斎原では斎庭神事が営まれた。地元中学生が「大和舞」「八咫烏舞」を奉納したほか、子どもたちによる御田植神事、父と子の八撥神事が行われた。熊野修験道の採燈大護摩、餅まきもあり、多くの人でにぎわった。

 九鬼宮司は「今年は地域の方に加え、初めて海外の人にも参加いただけた。世界平和や日本の安泰、皆さんの幸せを祈った。幸せな日々を過ごせるのが祭りの意義。参加にあらためて感謝したい。来年以降も海外の方に関わっていただければ」と話した。

 渡御祭は、祭神の家津美御子大神(スサノオノミコト)が「我を祀るに母神(イザナミノミコト)をも祀れ」と命じたという故事から始まったと伝わる。熊野市の花の窟から母神を迎え、挑花と呼ぶチョウを付けた菊の造花を奉じて鼓・笛・旗をもって行うようになったことに由来する。

(2024年4月17日付紙面より)

もっと見る
折たたむ
別窓で見る
主な記事 *記事詳細は熊野新聞紙面をご覧下さい*
  • 学校 通学路で横断歩道渡る練習 1、2年生の交通安全教室 (神内小)
  • 地域 架空料金請求詐欺に注意を 見守り隊と紀宝署らが合同啓発
  • 地域 5年ぶり、祭り一色に 阿田和神社、子ども神輿も復活 (御浜町)
  • 地域 重要な農作業を体験 オーナーが畦塗り作業 (丸山千枚田)
  • 地域 くろしお学園は「心よせ花壇」 見頃の庭22カ所を公開 (熊野市)
  • 地域 16店舗が野菜やミカンなど 恒例の紀の宝みなと市 (紀宝町)
  • 地域 昨年に続き今年も勢い トルコのツアー客来訪 (串本町)
  • 地域 カヤックで釣果を競い合う 橋杭ビーチを本部にし大会 (串本町)
  • 地域 晩春にふくよかな装い 各地で八重桜が花盛り (串本町・古座川町)
  • 地域 オルガンと小芝さんの歌声 春のコンサート「熊野を歌う」 (新宮市)
  • 地域 大漁や海上安全を祈願 目覚山水底神社で明神祭 (那智勝浦町)
  • 地域 イヌグスの大木に花 那智山青岸渡寺の横で (那智勝浦町)
くまスポ
  • 優勝は串本オーシャンズ スポ少野球大会東牟婁予選
  • 6人が上位入賞の活躍 北道院オープン選手権大会 (北道院拳法和歌山支部)
  • 新宮弓友会Bが優勝 48人が月例射会に臨む
ご購読・試読のお申し込み