熊野新聞記事アーカイブ
熊野新聞社 The Kumano Shimbun
〒647-0045 和歌山県新宮市井の沢3-6
営業部 TEL 0735-22-8080 FAX 0735-23-2246
記者室 TEL 0735-22-8325 FAX 0735-28-1125

買い物客らにチラシを配布し呼び掛けた=23日、新宮市佐野のスーパーセンターオークワ南紀店
児童虐待の早期発見を
オレンジリボンで呼び掛ける
新宮市

 11月の児童虐待防止推進月間に合わせ、新宮市要保護児童対策地域協議会と子育てあんしんネットしんぐうは23日、市内の大型スーパー3店前で児童虐待防止を訴える「オレンジリボンキャンペーン」を実施した。約20人が買い物客らに児童虐待の早期発見や早期対応を訴えた。

 オレンジリボン運動は2004年に栃木県で児童が虐待を受けて殺された事件をきっかけに、05年、同県の団体「カンガルーOYAMA」が児童虐待防止を目指して始まった。NPO法人児童虐待防止全国ネットワークなどの協力を得て活動を全国に広めている。

 今年の標語は「いちはやく 知らせる勇気 つなぐ声」。自身が出産や子育てに悩んだとき、虐待かもと思った際には児童相談所全国共通3桁ダイヤル(電話189)まで。

 主催者らは「地方でも都市でも、子育てに悩んだり困ったりする家庭が増えています。一人で抱え込まず、身近な人や子育て支援の窓口に相談し、サポートを受けながらやっていってもらえれば。子どもや孫が健やかに育つよう、児童虐待の防止にご協力ください」と呼び掛けている。

(2017年11月24日付紙面より)


別窓で見る
記事一覧

弁当箱におかずを詰めていく参加者ら=22日、新宮市緑ヶ丘の東牟婁振興局
地域 かわいいキャラ弁作り
研修会で住谷美穂さん講師に
東牟婁地方地域活動連絡協議会
【この記事のキーワード】
連絡協議会
 東牟婁地方地域活動連絡協議会(筒井ツルエ会長)は22日、新宮市緑ヶ丘の東牟婁振興局で指導者研修会を開いた。会員ら8人が市内のたかやま商店店主、住谷美穂さんから教わりパンダのキャラクター弁当(キャラ弁)を作った。

 同協議会は児童福祉を向上させるために地域社会における父母、母親クラブ子どもクラブの福祉活動の運営を協議し、相互の連絡提携を目的としている。研修は毎年内容を変えて実施している。

 講師の住谷さんは当時小学生だった長男の弁当をきっかけに10年前からキャラ弁作りを始めた。有名なキャラクターだけでなくオリジナル作品なども多く、店でも一部販売し、すぐに売り切れるほどの人気。市観光協会と協力し、外国人向けの教室を開いている。

 参加者らは指導を受けながらご飯を形作り、出来上がったキャラクターを中心におかずを詰めて完成させた。住谷さんがあまったご飯とのりで人気のキャラクターを手早く作ると「すごい」と感心した声が上がった。

 住谷さんは「同じように教えても一人一人独特のキャラ弁ができていて面白いと思いました」。筒井会長は「今後各地域の会に持ち帰っていただき学びに変えてもらえれば」と話していた。

(2017年11月24日付紙面より)

もっと見る
折たたむ
別窓で見る


地域 瀞峡で紅葉
和歌山などの3県境で
【この記事のキーワード】
十津川
 和歌山、奈良、三重3県にまたがる国の特別名勝・天然記念物「瀞峡(どろきょう)」で紅葉が始まり、ウォータージェット船客らの目を楽しませている=写真。「瀞ホテル」(十津川村神下)横は写真撮影スポットになっていて、毎年大勢のカメラマンらが訪れている。

(2017年11月24日付紙面より)

もっと見る
折たたむ
別窓で見る

しし垣周辺を整備する参加者ら=22日、那智勝浦町高津気
地域 しし垣歩きやすく整備
イベントに向け高津気地域づくり会ら
那智勝浦町
【この記事のキーワード】
台風
 那智勝浦町の高津気地域づくり会(瀧本清吉代表)は22日、同町のなちかつ古道を守る会(太田耕二代表)とともに、高津気地区の熊野列石(通称・しし垣)周辺を整備した。16人が参加した。

 県の「和みのむら活性化支援モデル事業」を活用し、3年ほど前から取り組んでいる。昨年はしし垣までの道に階段をつける大規模な整備をし、案内の看板も補強した。

 今回は12月9日(土)~11日(月)に、新宮市や同地区などで開かれる「第10回シシ垣サミット」に向けての活動。全国の研究者らがつくる「シシ垣ネットワーク」主催の行事で、現地視察が予定されている他に、同地域づくり会事務局の西美恵子さんが活動事例や地域としし垣の関わりなどを発表する。

 この日は通路をふさぐ枝や倒木、足元の折れ枝などを取り除いて歩きやすくし、石積みの間の落ち葉を払って美観も整えた。スギの小枝がたまった箇所もあり、今年10月の台風21号の影響がみられた。

 熊野列石(通称・しし垣)は総延長が約150㌔ある石垣で、同地区のものは保存状態がよいとされる。建造目的は不明だが、害獣対策との見方もある。周囲には棚田の遺構と思われる地形が広がり、参加者らは「昔の人はよく働いたね」、「こんな場所によく作った」などと先人の営みに思いをはせながら作業を進めた。

 瀧本会長は「10年ほど前までは年1回の垣普請で整備していた。高齢化で難しくなったが、なるべく保存して観光資源にできれば」と話した。

(2017年11月24日付紙面より)

もっと見る
折たたむ
別窓で見る
主な記事 *記事詳細は熊野新聞紙面をご覧下さい*
  • 文化 土長さん日展で入選 29日、新宮市でワークショップも
  • 【この記事のキーワード】
    熊野美術協会
    美術協会
  • 地域 184人がアオリイカ狙う串本町観光協会、第6回串本エギング大会
  • 地域 旬のマグロを振る舞う新宮市、はまゆう園で解体ショー
  • 地域 日ごろの感謝を込めて関西電力和歌山支社、お客様月間にちなみ清掃活動
  • 【この記事のキーワード】
    三輪崎八幡神社
    八幡神社
  • 地域 リース作り楽しむ那智勝浦町、クリスマス前に宇久井海と森自然塾
  • 教育 歓喜してサツマイモ掘り上野山こども園、元平さんの畑で収穫体験
くまスポ
  • 2253人が天空を駆ける 第6回新宮・那智勝浦天空ハーフマラソン大会
ご購読・試読のお申し込み